コラボレーション

サービス収益性を最大化

Asteaの最高執行責任者による説明: CXが収益を伸ばした方法

無料ポッドキャスト

ディスプレイ画面、フィールドテクニシャン、顧客の間でのナレッジマネジメントリソースの共有

Alliance Knowledge Managementを使用すると、フィールドテクニシャンだけでなくバックオフィスや出向・臨時社員や顧客も有益なリソースを利用できます。 労働力全体を連携させ、顧客が有益なリソースにアクセスできるようにし、セルフサービスが不十分な場合には作業指示書を記入し、保証情報をを登録してナレッジベースに追加します。

チームコラボレーション

ファイルやリソースが不十分な場合、チームメンバー間のコラボレーションによって、追加のサービス予約を必要とせずに、問題を診断したり顧客の抱える問題を解決できる場合があります。 連携性に富んだフィールドサービス管理やモビリティプラットフォームであるAstea Allianceのコラボレーションツールによって、以下が実行できます:

  • 初回修理完了率の上昇
  • リモートサービス専門家の広範な経験を有効利用する
  • 高齢化する熟練労働者の不足問題に対処する
  • バックオフィス、フィールドサービス、出向社員と臨時社員が難なく連携できる

プラットフォーム内メッセージング、チャット、拡張現実

Astea Allianceプラットフォーム内のコラボレーション用のツールや機能には、会話記録機能のあるプラットフォーム内メッセージング・チャットツールや、接続されているあらゆる場所からテクニシャンが必要な援助を受けることができる、対話型ビデオセッションを起動できる拡張現実機能などがあります。 外部のメッセージングや電話やリソースの必要性を排除することにより、作業のサイロ化が防止でき、1つのシームレスなプラットフォーム内にチームのナレッジベース保持することができます。

貴社全体でコラボレーションやナレッジベースを推進することができるAlliance Enterpriseのフィーチャーや機能性についてのデモをご請求ください。